Leap into  the darkness!!

社会や経済は、いかなる企業をも一夜にして消滅させる。

企業は社会や経済の許しがあって存在しているのであり、

有用かつ生産的な仕事をしていると見なされるかぎりにおいて、

存続を許されているに過ぎない。(P.F.Drucker)

 
 
 

成功への道は、自らの手で未来をつくることによってのみ開ける。

成し遂げたいことに必要な条件を、明確に把握すればするほど、達成される確率は高まっていく。

 

経営者が必ず身につけておかなければいけない、大事な要素がひとつだけある。それは”品性”である。

成果を上げる人の共通点は、行わなければいけない事を、しっかり行っているというだけである。

学問的な言い方ではないが、仕事ができる組織は仕事を楽しんでいる。自分たちがやりたいことをやっているから仕事は楽しい。

成果とは、常に成功することではない。そこには、間違いや失敗を許す余地がなければならない。大切なことは志があるかである。

チャンスは雨のように空から降ってくる

幸運とはそれに気づくこと

チャンスを幸運へと変えるには新しい経験を怖がらないこと

それを受けとめる大きな器を持つこと

チャンスは平等に訪れる 

しかし、それを掴めるか否かは平等ではない

考え方を変えれば人生は180度変わる!

考え方とは心のあり方

仕事の成果=考え方×熱意×能力

掛け算だからマイナスが一つでもあるとすべてがマイナス

​特にマイナスの考え方を持っていると何をやっても成功しない

​考え方ひとつで未来(人生)は変わる(稲盛和夫)

 

求めた者だけが手にはいる

まずしっかりと心の奥から想いを持つこと

その想うことからは始めないと何もスタートできない

​心が思わなければやり方も見えてこないし、成功も近づいてこない

細心の計画と準備なくして成功することはありえない

成功する秘訣とは、楽観的(ポジティブ)に構想し、

悲観的(ネガティブ)に計画し、楽観的(ポジティブ)に

実行すること

次代の流れに逆らうな。時代の流れの先を読んで仕掛けて待て。ニッチを選ぶな。今、小さくても後々大きな流れになるものを

​選べ。本道を行くものだけが生き残る。 (孫 正義)

自分が登りたい山を決める。それで人生の半分が決まる。自分が継続して意欲を持ち続けられる仕事は何か。そこからビジネスが始まる。覚悟がないと事は成せない。 

まずビジョンを描くこと。次にそのビジョンが正しいかを徹底的に情報収集する。ビジョンからすべてが始まる。 

IMG_20181203_0003.webp