ご 挨 拶

加速度的に進んだ技術革新や高度情報化時代の到来による社会環境の変化は、かつて想像すらしなかったさまざまな問題や課題を人々の生活や企業経営にもたらしています。

グローバルでは、イスラム国などにみられる国際テロ集団の台頭や各種領土問題など国際紛争の火種があり、一方で、わが国では超高齢化社会への突入によるこれまで経験しなかったような問題の発生や、頻発する自然災害に向けた防災対策の急務など課題は山積しています。

また、このような社会問題の勃発に併行して、経済・ビジネスの現場でも解決しなければならない数多くの問題や是正すべくさまざまな課題が発生しており、各企業において、
今日ほどこれらの問題を解決・払拭すべくビジネスインテリジェンスが必要とされている時代はかつてないといっても過言ではありません。

 

さて、2015年9月 ニューヨークで開催された国連の「持続可能な開発サミット」では、近年の国際的な環境問題や経済問題の解決には地球規模での新たな開発目標の設定が急務として、SDGs(2030年に向けた持続可能な開発目標)が打ち出され、人類の共通の目標とされました。実際には、その高邁な精神と現実に間にかなりに乖離があるのが実状ですが、好むと好まざるにかかわらず時代は常に変化して行き、企業も人も生き残りをかけて、それに対応して行かなければなりません。 

当社では、各種コンサルティングとリサーチのネットワークをベースにした情報サービスや、ビジネスマッチングのネットワークを通じて、従来の縦割りのビジネススタイルでは難しかったさまざまな問題や課題の解決に微力ながら取り組んでまいりました。今後もその方針にそって絶えざる努力を重ねる所存です。

平成から令和への新たな時代のスタートに際し、”ビジネスとは顧客への貢献であり、広くは社会への貢献である”との認識をもとに、さらなるサービスの向上へ日々取り組んでいきたい所存です。今後とも、皆様方のご支援・ご愛顧の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

                                                     

                                                                                                      

                                         株式会社  C&R  

                                                            代表取締役 岩田 藤吉 

   ◇代表者プロフィル◇

    岩田 藤吉(Fujiyoshi  Iwata)  

    鹿児島大学教育学部卒業(教育心理学専修)

    調査会社役員を退職後、当社を設立し,現在に至る。

    関東経産局マネジメントメンター

    中小企業庁ミラサポ専門家