Marketing

マーケティングリサーチ

M

Competitor

   競合対策

M

Riskhedge

  リスクヘッジ

M

Overseas Invest

     海外調査

M

事業拡大
新規取引

   事業の発展の為に

  またリスクヘッジの為に

   今、出来ること

 着手しておかなければならないこと

人材育成
労務管理

◆いかなるビジネスにおいても情報不足は致命的な欠陥になる。

  高度情報化が加速度的に進む現代においていかなる場面でも「情報不足」は致命的な欠陥となります。ところが情報の大切さは良く理解していても、実際には、情報収集を怠った為に重大な損失が発生したケースが枚挙にいとまがありません。また、失敗の原因の多くには、当事者の「過信」と「思い込み」が隠されています。「そんなことは他から言われなくても良くわかっている」という過信、「何々はこうに決まっている。こうに違いない」という思い込み。その結果は、、、、、 「あの時、きちんと情報収集しておけば良かった」とか「やはり調査が必要だった」と後で悔やむことになりがちです。しかし、いくら反省してもそれ故にに生じた損失を取り戻すことは容易なことではありません。

ジョウホウは、判断力と検証力が伴ってこそはじめて経営資源となる。     

  デジタル社会の到来は、当初、想像だにしなかった便利さと情報量の豊富さをもたらしました。今ではネットさえつながっていれば、世界中どこにいても同じようなジョウホウを入手することが可能です。しかし、それらのジョウホウが加工されたデジタル情報であることを十分認されているかと言えばはなはだ疑問です。いわゆるリサーチ業界においても同様で、ジョウホウのデジタル化がすすみ、ジョウホウとはネットで探すものと誤解しているムキも多く見られるようになっています。ジョウホウが意味あるもの、価値あるものになる為には、リサーチャーのジョウホウに対する検証力と価値判断力が不可欠です。昨今のリサーチ業界に欠けているのはまさに、この二つのアビリティ(能力)とエデュケーショナルアビリティのようです。

 

◆リスクマネジメントは、リスクヘッジが出来てこそ価値あるもの。

  今日、企業にとってリスクマネジメントの大切さはひと頃に比べるとかなりの確率で浸透してきました。しかし、その概念や分析方法は理解していても実効性について検証した場合、そのコストパフォーマンスを満足させるほどの成果を挙げているかははなはだ心もとないのが多くの企業の実状です。リスクマネジメントの成果としてリスクヘッジ(リスク回避)が伴ってこそそれが機能しているといえるわけでリスクヘッジの為に調査を行うことは極めて重要なことです。一般に、調査を実施する前に、調査結果から何が導き出されるのか「仮説」を立てておくことも必要です。また、調査に際しては、その目的に応じて最適な方法を選択しなければなりません。インターネットが急速に普及し、その質量ともに改善されてきた今、デジタル情報は調査の強い味方となってきました。しかし、デジタルにはその限界があり、アナログ情報も併行して活用することが「事実の確認」には不可欠です。単に調査結果だけを見るのではなく、仮説との比較も必要です。仮説と調査結果にどのような違いがあったのかを見ることは、自社のIntelligence能力を検証する上で有意義であり、Researchしなければわからなかったリアルとのズレを認識することこにもなります。急がば廻れ! 餅は餅屋に! 言い古された言葉ですが、”調査の事は調査のプロに”ご相談ください。

コンサルティング、リサーチ、マッチングのC&R

アクセス

〒344-0064

埼玉県春日部市南1-1-7

ふれあいキューブ5F

 

お電話&ファックス

電話番号: 048-689-3271

ファックス: 048-689-3270

 

連絡先

info@crjc.net

株式会社C&R