Consulting

ファイナンシャルアドバイザー

成功への道は、自らの手で未来をつくることによってのみ開ける。

<<各種コンサルティング>>

チームコラボレーション
カラフルな熱気球

 

 戦略コンサルティング

 経営にとってのマーケティング戦略には、売上伸長に向けて、商品品揃えの適正化、合理的な価格設定、広  告・宣伝手段の明確化、そして最も有効な販売チャネルを作り上げることなどがあります。当社では、戦略立案から方針決定、実行までの全段階をバックアップします。

販路開拓コンサルティング

 売上げを伸ばすために販路の開拓と拡大は最優先事項です。今回のコロナ禍でも従来の販路・販売方法から抜け出せずに売上不振のまま失墜した企業が多数見受けられます。販路は企業にとって血管と似た役割を示します。健康体を維持していくためには、そのチェックと硬直化する前の改善が必須です

 

M&Aコンサルティング

 現在、事業の拡大に有効な手段としてM&Aは企業規模を問わずあらゆる分野に導入されています。当社では、数千万円のミッドレンジから数十億の案件までのM&A仲介を行っています。

案件により、買い手のアドバイザーにもなり、売り手のアドバイザーにもなります。

 

ベンチャー支援コンサルティング

 技術や優れた商品はあってもそれを活かす営業力や固定取引先の少ないベンチャー企業は、人的資源の脆弱さもあって、せっかく起ち上げた事業を軌道に乗せることもなく脱落していくケースが多く見受けられます。当社では、そのようなベンチャーをサポートし、その弱点をカバー・フォローします。

 

起業/スタートアップコンサルティング

 起業家にとって最も大切なことは、ビジネスの成功です。ところが、自分で考えたビジネスプラン通りにはなかなか事が運ばす、上昇気流に乗れないまま、力尽きて失墜するケースが後を絶ちません。「起業しても成功するのはせいぜい1割程度」という言葉がその難しさ・熾烈さを表わしています。スタ―トして、思い通りの上昇気流に乗せるまでには予期しない数多くの困難を伴うものです。そのような起業・スタートアップの困難をクリアすべくC&Rでは成功に向けたアドバイスと支援を行っています。

​​

リスクヘッジコンサルティング

 コンプライアンス、情報漏洩、セキュリティ、反社対策など危機管理対策やリスク管理対策はすべての法人・企業で今や必須条件になっています。C&RCでは、これらのテーマを各分野担当者・メンバーが適切かつ継続的に対応できるようなアドバイスとその正しい方向性についてのコンサルティングと支援サポートを行っています。

 

労務管理コンサルティング

 企業における4大経営資源の一つである「ヒト」の問題は、その場面場面での対処を間違うと企業存亡の危機をもたらしかねません。また、大事な経営資源である「ヒト」が個々の能力を十分に発揮出来るような環境づくりは経営サイドにとって不可欠です。C&Rでは発生した労務問題についての解決に向けたアドバイスからまだ具現化していない予期される労務リスクの洗い出し・対策までを蓄積されたノウハウでサポートします。

C&Rは社会貢献を目指す

ベンチャーを支援します

img_feature.png

㈱リビングロボット

同社は、福島県伊達市に本社を置く学習用

ロボットを開発しているベンチャー企業です。プログラミング学習用ロボット『メカトロウィーゴ」を開発したほか、5G通信世代案内ロボットの開発などを手掛けています。現在、下記でクラウドファンディングを行っています。

 

Makuake「遊んで学べるプログラミングロボット 「歩くメカトロウィーゴ」の特別先行販売!」で応援購入しました! https://www.makuake.com/project/livingrobot/?token=1d312b0a63fca1b84fac434aa98a79b6&utm_source=livingrobot&utm_medium=line

今、コンサルに求められているもの

ファイナンシャルアドバイザー

「コンサルを導入してみたけれど、期待した成果は得られず、結局、自社でカスタマイズして使えるものにした。」

コンサル会社に依頼して出てきた経営計画の立案でも、結局『教科書的』で、財務体質の強化とか、売り上げを向上とかで、多少参考にはなったが、それ以上のことはなかった。単なる「戦略系コンサル」にはその限界があり、コンサルティング業界はいま、その存在意義が問い直されている。

単なる提言だけでは企業は成果を出せなくなり、その分析手法も一般化しており、今や「理論だけのコンサルは不要」という言葉が随所に聞こえてくる。

自社にMBAの取得者がいる例はもはや珍しくないし、コンサルの「コモディティ化」は既に各企業に浸透している。

 今、求められているコンサルは単なる提言型コンサルではなく、現場改革支援型の実行力を伴った総合系コンサル。

スーツで微笑む男性たち

※コロナ禍の中で労使間の団体交渉(団交)にWEB会議を提案するのは法的に問題がないかどうか、また、今後、リモート団交はありえるのかに​ついて、労働問題に詳しい和田一郎弁護士(牛嶋・和田・藤津法律事務所)が言及されています。

◆いかなるビジネスにおいても情報不足は致命的な欠陥になる。

  高度情報化が加速度的に進む現代においていかなる場面でも「情報不足」は致命的な欠陥となります。ところが情報の大切さは良く理解していても、実際には、情報収集を怠った為に重大な損失が発生したケースが枚挙にいとまがありません。また、失敗の原因の多くには、当事者の「過信」と「思い込み」が隠されています。「そんなことは他から言われなくても良くわかっている」という過信、「何々はこうに決まっている。こうに違いない」という思い込み。その結果は、、、、、 「あの時、きちんと情報収集しておけば良かった」とか「やはり調査が必要だった」と後で悔やむことになりがちです。しかし、いくら反省してもそれ故にに生じた損失を取り戻すことは容易なことではありません。リスクヘッジの為に必要なことは

※自社の経営診断に活用できます。

  おススメツールです。

ブレーンストーミング
 
授業風景