Riskhedge
リスク回避

Riskmanagement

リスク管理

  <<予想されるリスクの回避と想定外のアクシデントへの的確な対応>>

情報漏洩

 外注先から漏れた顧客情報、パスワード設定  を職員任せにして事件となった年金情報、その他不正アクセスによる営業情報の流出などリアルなネット時代にデジタル情報の漏洩・流出はとどまるところを知りません。

 これらの問題は、単にIT技術だけで対応するには限界があり、それだけで解決できるものではありません。ソフト面を含めて総合的な現状把握とリスクヘッジに向けたResearchが必要です。

 

コンプライアンス

 今なお、企業不祥事が後を絶ちませんが、これらの企業に共通しているのはコーポレイトガバナンスの甘さにあります、コンプライアンスをおろそかにした代償は予想以上に大きく、時には企業の致命傷にもなります。

 法的トラブルを回避する為には、常日頃からそれぞれの現場の実態や実状を良くResearchしておくzことが必須となります。

● 係争対策

  企業が訴訟に巻き込まれると、高額賠償や企業イメージの低下など大きなリーガルリスクが発生します。これらに対応する為には訴訟プロジェクトを立ち上げ専門家の叡智を結集して対応することが必要です。早目早目のきちんとした対応こそが結果的にレピュテーションリスクの回避につながります。

反社会的・反市場的勢力への対応

 暴対法に続く反社排除条例の導入で反社勢力の弱体化は進んではいますが、これらの規制は結果的に反社勢力のアングラ化や不透明化をもたらし、衆目の知らないところで一般ビジネス分野への進出を加速させています。ステイクホルダーのリスクヘッジ調査は昨今、欠かせないアイテムになっています。

不正調査/リスクヘッジ調査

不正会計、不明瞭な財務処理などトラブルの芽を摘むためには早期Check・早期対応が不可欠です。

 また見せかけの数値に騙されることなく数字の実態を暴くためにはプロの調査力が必要となります。

 1.経営上のリスク

 2.社会的なリスク

 3.事故・災害のリスク

リスクヘッジ調査 | リサーチ、コンサルティング