Service

オフィスでの二人の男

情報の質がすべてを決める!!

水が流れる庭園

雪崩」発生中

米ブラックストーン・グループのスティーブン・シュワルツマン最高経営責任者(CEO)は、米国でキャピタルゲイン税が引き上げられるとの懸念から、同社が今後照準を合わせる可能性のある分野が急速に成長していると述べた。企業が税法の変更前に保有資産の現金化に動いているためという。ブルームバーグ主催のフォーラムで同CEOは「今は好機の雪崩とでもいえる状況だ。来年に増税が実施される可能性があり、同じ資産の売却で税金がずっと高くなる前に売ってしまいたいとの考えが広がっている」と語った。

  新規市場への進出、経営戦略の構築、他社の買収、主要人材の確保、新規事業の検討、危機的状況への対処など経営上の意思決定が必要な局面は、随所に発生し多岐に渡ります。 そして、これらの重要な意思決定に際して判断根拠となる情報(ビジネスインテリジェンス)は正確であることが不可欠ですし、スピーディで的確な対応が求めらえます。C&Rでは、多量のソースから複雑な情報やデータを集約し、徹底的な検証・分析を行いクライアントが最高の結果を導き出すために価値あるビジネスインテリジェンスを提供することをモットーにしています。

C コンサルティング

経営コンサルティングからリスクマネジメントコンサルティング、ITコンサルティングまで幅広いコンサルティングと課題解決に向けた支援活動を行っています。 

&

R リサーチ

マーケティングリサーチ、市場動向調査、リスクヘッジの為の調査、デュ―デリジェンスに関連した調査など高度な調査スキルを必要とする専門的な調査を受託しています。 

RESEARCH
日本庭園

来年が望ましい

アトランタ連銀のボスティック総裁は、米金融当局が資産購入ペース減速を向こう数カ月に決定する可能性があると述べたほか、2022年の利上げ開始が望ましいとの見解を示した。総裁は記者団に対し、「最近のデータが示す上方向へのサプライズを考慮し、米金融当局の最初の動きに関する自分の予測を22年終盤へと前倒しした」と発言。またダラス連銀のカプラン総裁もブルームバーグ・ニュースのインタビューで、インフレ率が今年と来年に当局目標の2%を上回り、失業率は4%未満に低下するとし、22年の利上げ開始を予想した。

41RsVTtvB1L._SX338_BO1,204,203,200_.jpg

世界経済フォーラムのクラウス・シュワブ会長とオンラインメディア『マンスリー・バロメーター』の代表ティエリ・マルレが、コロナ後の世界を読み解く。2020年に世界を覆ったパンデミックは、それまでに起きつつあった変化を劇的に加速した。もう元には戻れない。「マクロ」の視点、「産業と企業」の視点、「個人」の視点それぞれから、次に来る新しい世界を提示する。いま何が起きているのか、これから何が起きるのかを、俯瞰して知るのに最適な1冊と言えるでしょう。

 
 

従来のPDCAサイクルによる課題解決プロジェクトがうまく機能しなかったのは何故か!?

 

その根本的な原因は、どこにあったのか?!

ワーキング